Skip to main content
Powered by Radar

hardware-wallets.io

ハードウェアウォレットはブロックチェーン・エコシステムの重要な一要素です。

ハードウェアウォレット

持っておいた方が良い理由:

非常に高いセキュリティ

コンピューターのセキュリティが高くなかったとしても、資産を安全に保ちましょう。ハードウェアウォレットは、サイバー攻撃、フィッシングサイト、マルウェアなどに対する追加の保護階層を提供します。

たくさんの資産を1つの場所で

1つのハードウェアウォレットは、同時に複数のブロックチェーンで使用することが可能です。このため、イーサリアムとトークン、ビットコイン、ルーメンスなどを全て同じデバイスで管理できます。これら全てを1つのリカバリーフレーズで簡単にバックアップすることができます。

利便性

多くの場合、接続するタイプの小さなデバイスであるハードウェアウォレットは、どこからでも安全に暗号資産にアクセスするための持ち運べる鍵となります。ハードウェアウォレットによって、新しくアカウントを作らなくとも様々な dApps にログインすることができるようになります。さらに、 Google や Facebook といった通常のアプリケーションにログインすることだって可能です。

ウォレットからウォレットの取引

Radar Relay のようなプラットフォームを使うことで、ハードウェアウォレットから直接取引することができます。これは、全てのトークンを自分の管理下においたままデジタル資産を取引する最も安全な手段です。資産は取引所のウォレットに預けられることなく、自分のウォレットから直接取引されるため、預け入れのためにかかる時間や、引き出し制限による手数料はかかりません。

ハードウェアウォレット

どのように機能するのか:

鍵となるのは秘密鍵

暗号通貨はハードウェアウォレット自体には決して保存されず、常にブロックチェーン上に存在します。ハードウェアウォレットは、単に秘密鍵を保管します。秘密鍵によって、ブロックチェーン上に存在する資産の鍵を開くことができるのです。ブロックチェーンはどこからでもアクセスできるため、ハードウェアウォレットさえあれば自分のトークンを操作することができます。

ハードウェアウォレットの2つの目的

  1. 秘密鍵を守る

    ハードウェアウォレットによって、秘密鍵をインターネットから隔離し、オンラインからの攻撃により資産が奪われるリスクを低減することが可能です。このため、ハードウェアウォレットはしばしばコールドストレージとみなされます。

  2. ブロックチェーン上のトランザクションへの署名と承認

    ブロックチェーンのトランザクションを作成する際、特別なメッセージに「署名する」ことになります。この「署名」は、あなたが秘密鍵の保有者であることを証明します。秘密鍵なしに署名を捏造することは不可能ですので、誰も秘密鍵無しにあなたの代わりにトランザクションを作成することはできません。

安全と共に

Yハードウェアウォレットに保管された秘密鍵は PIN とオプショナルなパスフレーズで守られています。このため、万が一泥棒がハードウェアウォレットを盗んだとしても、秘密鍵を抽出することはほぼ不可能です。また、秘密鍵はインターネット上から読み取ることはできないため、盗まれることはありません。コールドストレージと呼ばれる理由はここにあります。

ハードウェアウォレットを紛失した場合、あなたの資産は1つのシードフレーズによってバックアップされます。リカバリーフレーズとも呼ばれるシードフレーズは、秘密鍵を再生成するために必要な単語のリストです。シードフレーズを使って別のハードウェアウォレットに秘密鍵を移動することも可能です。

3ステップでセキュリティを

ハードウェアウォレットはそれぞれ細かい差異がありますが、使い方はほとんど同じです:

  • コンピューターに接続し、 PIN でロックを解除する。

  • 例えば、Radar で取引するというように、トランザクションを作成し、デバイスのスクリーンに表示される内容を確認する。

  • 秘密鍵は危険から守られた状態になります。

ハードウェアウォレットを手に入れよう

Radar Relay

自分のウォレットから、セキュアに取引しよう

RADAR RELAY を開く